Web 会議・BYOD サービスを中核とする テレワーク統合マネージドサービスを IBM SoftLayer ベアメタルで提供開始

Press Release

クラスキャット、Web 会議BYOD サービスを中核とする
テレワーク統合マネージドサービスを IBM SoftLayer ベアメタルで提供開始
– 「ClassCat® Telework v1.0」- テレワーク(在宅勤務)を支援・推進 –

2014/12/02

セキュアな Linux サーバ、クラウド/仮想化ソリューションの企画・開発・販売を行う株式会社クラスキャット(本社:東京都港区赤坂、代表取締役社長:佐々木規行)は、テレ ワーク(在宅勤務)を支援・推進する様々なソリューションをサービスとして選択的に利用可能な、テレワーク統合マネージドサービス「ClassCat® Telework v1.0」を IBM SoftLayer ベアメタル(物理占有サーバ)で本日(12月2日)から提供開始することを発表致しました。
本サービスはマネージド・プライベートクラウドサービスとして提供されますが、OEM 提供も実施します。また期間限定の無料サービスも提供致します。
本サービス「ClassCat® Telework v1.0」は、テレワークを支援・推進する目的で提供される統合的なマネージドサービスです。SoftLayer マネージド・プライベートクラウドサービスとして一元的にサービス提供され、v1.0 では Web 会議サービス及び BYOD(Bring Your Own Device:個人保有デバイスの業務利用)サービスが提供されます。単一のサービスでも利用可能で、特別な機器も必要ありません。
SoftLayer のベアメタルサーバを利用していますので全世界のデータセンターで稼動可能で、必要に応じてベアメタルサーバを追加し柔軟に拡張することもできますので、導入コスト・運用コストも必要最小限に抑えられます。
本サービス「ClassCat® Telework v1.0」の Web 会議サービス機能は、クラスキャットのソリューション・サービス「ClassCat® WebConference」をベースに提供致します。
オ ンライン Web 会議システムの機能を低コストで提供するマネージドサービスで、複数の PC パソコン同士の遠隔コミュニケーションやマテリアルの共有を可能にするサービスです。ユーザは特別な環境を用意する必要はなく、ヘッドセット・オーディオ デバイス・Web カメラ等を装備する一般的な PC パソコンから Web ブラウザで簡単に利用することができます。
本サービス「ClassCat® Telework v1.0」の BYOD サービス機能は、クラスキャットのソリューション・サービス「CLOUDIVA® SmartPlus」をベースに提供致します。
セ キュアな BYOD 環境とデスクトップ仮想化環境がサービスとして提供され、加えて、Windows ベースのクライアント・サーバータイプのアプリケーションに変更を加えず、HTML5 対応のブラウザを搭載したクライアントデバイスを含むiPad や Android などのスマートデバイスでの利用が可能となります。
News Release 全文 … >> 【主なメディア掲載】 EnterpriseZine (翔泳社) キーマンズネット クラウド Watch (Impress)