IBM SoftLayer 専用の CentOS 6.6 対応インターネット・サーバ管理ツール 新製品を マネージド・クラウドサービス として2014年12月から提供開始

Press Release

IBM SoftLayer 専用の CentOS 6.6 対応インターネット・サーバ管理ツール
新製品「ClassCat® Cute Server Manager SoftLayer Edition v6.6」を
マネージド・クラウドサービスとして2014年12月から提供開始
– 「ClassCat® Cute-as-a-Service」/ IDS/IPS、改竄検知機能を標準装備 –

2014/11/25

セキュアな Linux サーバ、クラウド/仮想化ソリューションの企画・開発・販売を行う株式会社クラスキャット(本社:東京都港区赤坂、代表取締役社長:佐々木規行)は、侵入 検知/防御(IDS/IPS)・改竄検知機能を標準装備したインターネットサーバ管理ツール「ClassCat® Cute」シリーズの CentOS 6.6 対応版新製品「ClassCat® Cute Server Manager SoftLayer Edition v6.6」を IBM SoftLayer クラウドのマネージドサービス「ClassCat® Cute-as-a-Service」として2014年12月15日から提供開始することを発表致しました。
新製品「ClassCat® Cute Server Manager SoftLayer Edition v6.6」はオープンソース化された Cobalt RaQ550 の Linux サーバ管理ツールをベースにメールセキュリティ機能を大幅に強化し、侵入検知/防御 (IDS/IPS)・改竄検知ソリューションをシームレスに統合した「ClassCat® Cute」シリーズの最新ラインアップ製品です。SoftLayer クラウド環境に最適化し CentOS 6.6 (64bit:x86_64) に対応しています。
新サービス「ClassCat® Cute-as-a-Service」は、本製品「ClassCat® Cute Server Manager SoftLayer Edition v6.6」を SoftLayer マネージドサービスとして提供するサービスです。
本サービス「ClassCat® Cute-as-a-Service」の利用により、CentOS 6.6 環境で、実践的なセキュリティ機能を装備したインターネット・サーバをイニシャルコストなしに手軽に低コストで運用管理することができます。Cobalt RaQ550 の操作性を継承し、マルチ仮想サイトの作成・運用が可能で、インターネット・サーバとしての基本サービス(Web、Mail、DNS、SNMP、FTP、 Telnet 等)の運用管理を専門的な知識なしに行なう事ができます。また、迷惑メール対策として必須機能である「25番ポートブロック (OP25B:Outbound Port 25 Blocking)」のサポートに加えて、SPAM フィルタ、SSL 暗号化通信(STARTTLS、SMTPS、POP over SSL) などのメールセキュリティ機能も標準装備しています。
本サービス「ClassCat® Cute-as-a-Service」では更に、ホスト型の侵入検知/防御(IDS/IPS)・改竄検知ソリューションもシームレスに統合しています。
主な検知機能としては、侵入検知(IDS)・ファイル改竄検知(整合性チェック)・Rookit 検知・ログファイルベースの異常検知等の機能があり、検知結果は全てアーカイブとして保存されます。ホワイトリストの設定や問題の重要性に応じたメール通知も可能です。
そ して侵入防御(IPS)機能においては、各種ブルートフォース攻撃・第三者中継などの外部からの攻撃をセッションを切断することにより防御することが可能 です。特に SSH や POP/IMAP サーバへのブルートフォース攻撃に威力を発揮し、攻撃元の IP アドレスをパーマネントにブロックすることもできます。
News Release 全文 … >> 【主なメディア掲載】 EnterpriseZine (翔泳社)