PyTorch 1.0 : Getting Started : データロードと処理 (翻訳/解説)

【PyTorch 1.0 : Getting Started : データロードと処理】
PyTorch 1.0 安定版が 12/07 に公開されました。PyTorch 1.0 は JIT コンパイラ・C++ フロントエンドの導入によるプロダクション・サポート機能が追加され、新規分散パッケージにより大規模なスケールでモデルを高速に効率的に実行することが可能になります。
クラスキャットは PyTorch 1.0 の無償サポートを開始しその一環としてドキュメントの日本語翻訳を提供しています。
今回はデータロードを扱うチュートリアルです。題材は顔姿勢のデータセットで、各画像には 68 の異なる目印ポイントがアノテーションとして提供されています。そして torch.utils.data パッケージの Dataset と DataLoader、更には Transform をどのように利用してデータのローディングを実装するかを見ていきます
http://torch.classcat.com/2018/12/09/pytorch-1-0-getting-started-data-loading/?fbclid=IwAR0_X7SK8iTisMrGXRnII2YzUXVWv_mOthDWkxaHBCsD2QG6dOCj44PaYp0