TensorFlow : Edward Tutorials : 線形混合効果モデル (翻訳/解説)

Edward は TensorFlow ベースの確率的モデリング・推論・評価のための OSS Python ライブラリで、3 つの分野 ? ベイズ統計と機械学習、深層学習そして確率的プログラミングを融合しています。
チュートリアルの翻訳を進めています。今回は線形混合効果 (= Linear Mixed Effects) モデルを扱います。固定効果と変量効果を持つ線形モデリングです。Jupyter notebook による解説も併せて用意されています。
Edward は小さなデータセット上の古典的階層モデルから巨大なデータセット上の複雑な深層確率モデルにまで渡る、確率的モデルの高速な実験と研究のためのテストベッドです。TensorFlow 上に構築されていますので、計算グラフ、分散訓練、CPU/GPU 統合、自動微分、そして TensorBoard による可視化のような機能を可能にします。
http://tensorflow.classcat.com/2018/10/20/tf-edward-tutorials-linear-mixed-effects-models/?fbclid=IwAR3Ce1_6gbbXZqQ5mBFlOr8N-3wx8-UMKjfe-kWUCQQbd0yIlu4bzjgxcqs