QISKit : チュートリアル (1.2) 序説 : バックエンド

【QISKit: チュートリアル (1.2) 序説: バックエンド】
QISKit のバックエンド、特に量子デバイス: IBMQX5 (16 量子ビット!), IBMQX4, そして IBMQX2 の情報を取得するためのチュートリアルを翻訳・実行した上で最新の情報に更新しました。
QISKit のコアにはユーザの量子プログラムを実行するために各種バックエンドにアクセスする機能があります。これらのバックエンドにはリアルデバイス、オンライン・シミュレータ、そしてローカル・シミュレータがあり、QISKit の柔軟性が増し続けるにつれて多くの異なるバックエンドが期待されています。
これらは異なる数の量子ビット、接続性、異なるゲートセットを持つ新しいハードウェアと、異なる特性のシミュレータを含みます。
http://quantum.classcat.com/2018/01/04/qiskit-tutorial-1-2_introduction_backends/