Kubeflow 1.0 : コンポーネント : セントラル・ダッシュボード (翻訳/解説)

【Kubeflow 1.0 : コンポーネント・ガイド】
◆ セントラル・ダッシュボード
Kubeflow は Google 社がオープンソース化した、機械学習ワークフローを Kubernetes 上で展開可能にするプラットフォームです。3 月に 1.0 ステーブル版がリリースされましたので、ドキュメントを翻訳します。
今回はコンポーネント・ガイドからセントラル・ダッシュボードの概要です。Kubeflow ではクラスタに配備された Kubeflow コンポーネントへの素早いアクセスを提供するためにセントラル・ダッシュボードが提供されます。
Kubeflow は機械学習 (ML) システムを開発して配備するための Kubernetes 上に構築されたプラットフォームです。Kubeflow は ML パイプラインを構築して実験することを望むデータサイエンティスト、あるいはまた ML システムを開発してテストと製品レベルのサービングのために様々な環境に配備することを望む ML エンジニアと運用チームのためのものです。
http://tensorflow.classcat.com/2020/04/09/kubeflow-1-0-components-central-dash-overview/?fbclid=IwAR0yACz2_dwJVRMS-HIAQIHLt1aaUIleGxGMAYL8ImtgQebB2AK56FBSjPo