TensorFlow 2.0 : ガイド : Keras :- Keras でモデルをセーブしてシリアライズする (翻訳/解説)

【TensorFlow 2.0 ガイド : Keras】
◆ Keras でモデルをセーブしてシリアライズする
TensorFlow 2.0 ステーブル版がリリースされましたので、チュートリアルやガイド等のドキュメントの最終的な翻訳をしています。(プログラマーズ) ガイドに移行しています。
今回はガイド「Keras」カテゴリーから、Keras でモデルをセーブしてシリアライズするためのガイドです。このガイドの最初のパートでは Sequential モデルと Functional API で構築されたモデルのためのセーブとシリアライゼーションをカバーします。セーブとシリアライゼーション API は両者のモデルについて正確に同じです。
ガイドは「TensorFlow 2」「Keras」「Estimator」「カスタマイズ」「データ入力パイプライン」「モデルのセーブ」「アクセラレータ」のカテゴリーに分かれています。

TensorFlow 2.0 : ガイド : Keras :- Keras でモデルをセーブしてシリアライズする