Qiskit Community Tutorials : Terra : 量子情報科学 (上級編) : シングル量子ビット・量子ランダムアクセス符号化 (QRAC) (翻訳/解説)

【Qiskit Community: 量子情報科学(上級編): 単一量子ビット QRAC】
量子コンピューティング・フレームワーク Qiskit にはコミュニティ主導のチュートリアルも多数用意されています。趣向を凝らしたコンテンツが多いのでこれについても翻訳を進めています。
今回は「Terra: 量子情報科学 (上級編)」セクションから量子ランダムアクセス符号化 (QRAC) についてのチュートリアルです。ランダムアクセス符号化 (RAC) は、小さい数の量子ビットが同じ量の古典ビットでは達成されない特性を示すことができる幾つかのサンプルの一つです。
「Terra」カテゴリーは Qiskit Terra を使用してどのように量子回路をプログラムするかについて学習します。様々な量子物理とその計算概念について記述され、入門編と上級編の2つに分割されています。上級編ではより進んだ量子情報科学や量子エラー訂正を探究します。
http://research.classcat.com/quantum/2019/09/08/qiskit-comm-tutorials-terra-adv-single-qubit-quantum-random-access-coding/?fbclid=IwAR0g4HfAGDNen4uGHQ1HAlUNMbuNsDUEKS2DgeQvuZkTp6bnk7fAQMaWm0o