Qiskit Tutorials : Qiskit Aer : デバイス・ノイズモデル・シミュレーション (翻訳/解説)

【Qiskit Tutorials: Qiskit Aer: デバイス・ノイズモデル・シミュレーション】
Qiskit は IBM 社がオープンソース化した量子コンピューティング・フレームワークで、量子コンピュータでプログラミングするために必要なビルディングブロックを提供しています。
Qiskit 0.11.x が 7 月にリリースされましたので、チュートリアルの翻訳を進めています。
今回は「Qiskit Aer」カテゴリーからのこのチュートリアルでは、IBMQ ハードウェア・デバイスのためのノイズモデルを自動的に生成するためにどのように Qiskit Aer noise.device モジュールを使用するか、そしてリアルデバイスで発生するエラーの影響を学習するために QuantumCircuits のノイズのあるシミュレーションを行なうためにどのようにこのモデルを使用するかを示します。
Qiskit Aer はノイズモデルを含む量子回路のための高パフォーマンスなシミュレータです。
http://research.classcat.com/quantum/2019/08/03/qiskit-tutorials-aer-device-noise-simulation/?fbclid=IwAR3JsXv4Y0lXtpL4P9OvtpQf10yDnk9DTC1JYopnIpqpPkdg6_oynJjFl8U