TensorFlow Graphics : Advanced Tutorials : 球面調和関数レンダリング (翻訳/解説)

【TensorFlow Graphics: Tutorials: 球面調和関数レンダリング】
TensorFlow Graphics はコンピュータ・ビジョン/グラフィックスと機械学習の融合を可能にする TensorFlow の拡張ライブラリです。TensorFlow Graphics v1.0 が今月にリリースされましたので、ドキュメントの翻訳を進めています。
上級チュートリアルに入り、最初は球面調和関数の高位な理解とライティングのため利用方法を示す toy サンプルが提供されます。球面調和関数を使用して球面に渡り定義された関数をどのように近似するかが示されます。これらはライティングと反射率を近似するために使用することができて、これは非常に効率的なレンダリングに繋がります。
http://tensorflow.classcat.com/2019/05/31/tf-graphics-tutorials-spherical-harmonics-approximation/?fbclid=IwAR30PTpyBFDf0TnBJpDrgS_8NbNr0hsnSY5jIUr7PpPU9RDSn6UaodPYhoI