TensorFlow 1.6.0 リリースノート(翻訳)

【TensorFlow 1.6.0 リリースノート】
TensorFlow 1.5 のリリースから一ヶ月ほどしか経過していませんが、TensorFlow 1.6 の安定版がリリースされましたので、いつものようにリリースノートを翻訳しておきます。
1.6 リリースは前回の Eager execution や TensorFlow Lite のプレビュー版のような大きな進化はなく、バイナリが CUDA 9 と cuDNN 7 に対応している点も変更ありませんが、(予告されていたように) AVX 命令を使用していますので古い PC 上で利用する場合には注意が必要です。
また Google 社によれば、CUDA 9 及び CUDA 9.1 の PTX-to-SASS コンパイラについて (大きなオフセットを持つ) 64-bit アドレス計算上のバグを見つけたとのことで、結果として ptxas は 4GB 以上の一時メモリを使用する殆どの XLA プログラムをミスコンパイルするようです。この issue についても詳述されています。

http://tensorflow.classcat.com/2018/03/01/tensorflow-1-6-0-release-note/