CNTK 2.2 Python API 解説 (2) – マルチノード分散トレーニングの実装と実行 / ベンチマーク

CNTK ( Microsoft Cognitive Toolkit ) 2.2 の Python API 解説第2弾です。
今回は CNTK の分散トレーニング、特にマルチノード構成における分散トレーニングの実装・実行方法の解説とベンチマークの結果報告になります。
ユーザ設定が必要な初期値 (ウォームスタートサイズ, ブロックサイズ) についても適正値を検証しています。
また、CIFAR-10 用にカスタマイズした BN Inception, ResNet-110 モデルを分散トレーニングすることによってテスト精度 94.04 % を達成しています。
詳細:https://qiita.com/masao-classcat/items/ebd4b3d8bc570a190c6f