TensorFlow 1.2.0 リリースノート(翻訳)

TensorFlow 1.2.0 の安定版がリリースされましたので、いつものようにリリースノートを翻訳しておきます。更新内容は非常に多岐に渡りますが、重要な点として TensorFlow 1.2 は cuDNN 5.1 への最後の対応版となるようで TensorFlow 1.3 からは cuDNN 6.0 への対応を進めるようです。また RNN 関連の API 仕様が少し迷走している印象ですがこれは Keras との整合性を重視するためでもあるようです。Windows サポートも強化されています。
http://tensorflow.classcat.com/2017/06/19/tensorflow-1-2-0-release-note/