TensorFlow 1.1.0 リリースノート(翻訳)

主要な特徴と改良

  • Windows のための Java API サポートを追加しました。
  • tf.spectral モジュールを追加しました。既存の FFT ops は tf.spectral に移しましたが古い位置 (tf.*) におけるエイリアスは保持しています。
  • 実信号のための 1D, 2D と 3D フーリエ変換 ops を tf.spectral に追加しました。
  • tf.bincount 関数を追加しました。
  • Keras 2 API を contrib に追加しました。
  • 新しい軽量のキュー・ライクなオブジェクトを追加しました – RecordInput。
  • tf.contrib.image.compose_transforms 関数を追加しました。
  • tf.estimator.* を API に持ち込みました。tf.contrib.learn.Estimator からの Non-deprecated な機能は体裁の変更とともに tf.estimator.Estimator に移されました。
  • Docker イメージ: gcr.io と Docker Hub の TF イメージは ubuntu:16.04 にアップグレードされました。
  • 次の特徴を TensorFlow デバッガー (tfdbg) に追加しました :
    • TF ops とテンソルに対する Python ソースファイルを検証する機能 (command print_source / ps)
    • Curses ベースの UI における新しいナビゲーション・バー
    • NodeStepper (command invoke_stepper) は今では中間的なテンソル・ダンプを使用します。それはまた、改良されたパフォーマンスと減少したメモリ消費のための連続的な cont 呼び出しの間に直接的な feed として TensorHandles も使用します。
  • Java, C, そして Go のためのインストール・ガイドの初期リリース。
  • TensorBoard に Text ダッシュボードが追加されました。

http://tensorflow.classcat.com/2017/04/27/tensorflow-1-1-0-release-note/