TensorFlow : Performance : XLA JIT コンピレーションを使用する(翻訳/解説)

TensorFlow/XLA JIT コンパイラを実際のコーディング例を示してサンプル・スクリプトで使用してみます。XLA JIT コンパイラは XLA を通して TensorFlow グラフのパーツをコンパイルして実行します。標準 TensorFlow 実装を超えるメリットとしてカーネル・フュージョンにより XLA が複数の演算を少数のコンパイル済みカーネルに融合できます。演算の融合は TensorFlow Executor が行なっている、演算を逐次実行することに比べてメモリ帯域幅の要求を減少させパフォーマンスを大きく改善することができます。
http://tensorflow.classcat.com/2017/03/22/tensorflow-performance-xla-jit/