Home
IBM SoftLayer 上の CoreOS クラスタで構成された Docker コンテナ分散デプロイ・サービスの提供を開始 Print

Press Release

クラスキャット、IBM SoftLayer 上の CoreOS クラスタで構成された
Docker コンテナ分散デプロイ・サービスの提供を開始
- 「ClassCat® Containers-as-a-Service v1.0」 -

2014/09/16

セキュアな Linux サーバ、クラウド/仮想化ソリューションの企画・開発・販売を行う株式会社クラスキャット(本社:東京都港区赤坂、代表取締役社長:佐々木規行)は、Docker コンテナの分散デプロイ・サービス「ClassCat® Containers-as-a-Service v1.0」を本日(2014年9月16日)より提供開始することを発表致しました。本サービスは IBM SoftLayer 上の CoreOS クラスタで構成されています。
クラスキャットではまた Docker コンテナ型アプリケーション・ソリューションも順次投入していきます。

Docker は Linux コンテナを手軽に扱うことができるオープンソースの管理ツールです。Linux コンテナはハイパーバイザ型とは異なる仮想化技術の一つで、仮想マシンの代わりにコンテナと呼ばれる隔離された仮想環境が利用されます。コンテナでは仮想 マシンよりもアプリケーションに焦点が当てられ、アプリケーションはコードと依存するライブラリ等の環境と共にコンテナに収められます。このコンテナは軽 量な仮想化技術でオーバーヘッドが小さいために起動が速く、更にセキュリティ上、高い堅牢性を保持しやすいために注目されています。

「ClassCat® Containers-as-a-Service v1.0」は IBM SoftLayer上で Docker コンテナの分散デプロイを手軽に活用できるマネージド・サービスです。面倒な構成や設定は一切不要で、サービス利用開始直後から Docker コンテナを分散システム上のリソースとして簡単にデプロイして利用することができます。

  「ClassCat® Containers-as-a-Service v1.0」では構成済みの CoreOS クラスタをサービスとして提供致しますので、コンテナに冗長性を持たせたりフェイルオーバーに対応することも可能で、コンテナについて豊富なオペレーションが手軽に利用できます。IBM SoftLayer のベアメタルサーバを利用していますので全世界のデータセンターで利用可能です。
クラスキャットではまた Docker コンテナ型のアプリケーション・ソリューションも順次提供していく予定です。

News Release 本文 … >>    【主なメディア掲載】日刊工業新聞  キーマンズネット

Last Updated on Wednesday, 17 September 2014 05:14
 
SoftLayer パートナー・サービス Print

IBM SoftLayer パートナーサービス & SoftLayer 対応ソリューション

IBM SoftLayer パートナーとして開始する主なサービスは次の3つです:

  • (1) SoftLayer オーダー代行サービス
  • (2) SoftLayer ユーザ向け日本語ポータルサービス
  • (3) SoftLayer パートナー向けトレーニング

SoftLayer オーダー代行サービス」は、カスタマーの要望に沿った SoftLayer サービスを提案し、カスタマーと合意したサービス内容をカスタマーに代わりクラスキャットが SoftLayer 社に対してオーダーするサービスです。この場合、クラスキャットからの請求書ベースで日本円でのお支払となります。
本サービスでは(後述の)「SoftLayer ユーザ向け日本語ポータルサービス」も併せて利用することができます。更に、SoftLayer 社が提供しているクラウド・サービスの具体的な内容について日本語による問合せサービスも提供致します。


SoftLayer ユーザ向け日本語ポータルサービス」は、SoftLayer クラウドのユーザを対象とした日本語ポータルサービスで、SoftLayer クラウド上のアカウントに属する各種リソースの管理・監視や共通情報の取得が可能です。


SoftLayer パートナー向けトレーニング」は、SoftLayer のパートナー企業を対象としており、クラウドベースのソリューションを導入または提案しようとされているパートナーに SoftLayer のサービスとソリューションについて習熟していただくことを目的としたトレーニングコースです。
本トレーニングの開催は要求ベースでオンサイトで実施いたします。


9月1日より、OpenStack-as-a-Service - SoftLayer ベアメタル上の OpenStack マネージドサービス - の提供も開始致しました。

Last Updated on Monday, 01 September 2014 17:34
 
新マネージドサービス「ClassCat® OpenStack-as-a-Service v1.0」を IBM SoftLayer クラウド上で2014年9月から提供開始 Print

Press Release

クラスキャット、OpenStack プラットフォームをサービスとして利用可能な
新マネージドサービス「ClassCat® OpenStack-as-a-Service v1.0」
IBM SoftLayer クラウド上で2014年9月から提供開始
- OpenStack 自動構成ツール「ClassCat® Stack v2 for SoftLayer」-

2014/08/25

セキュアな Linux サーバ、クラウド/仮想化ソリューションの企画・開発・販売を行う株式会社クラスキャット(本社:東京都港区赤坂、代表取締役社長:佐々木規行)は、OpenStack IaaS プラットフォームをサービスとして利用できる新マネージドサービス「ClassCat® OpenStack-as-a-Service v1.0」を IBM SoftLayer クラウド上で2014年9月から提供開始することを発表致しました。
主要な対象ユーザとしては中堅・中小企業(SMB)の情報システム部門を想定しており、サービス提供すると共に OEM 提供も実施します。

「ClassCat® OpenStack-as-a-Service v1.0」は、昨今提唱されています『OpenStack-as-a-Service』モデルの実装の一つで、IBM SoftLayer クラウド上で OpenStack IaaS プラットフォームをプライベートクラウド・サービスとしてユーザに提供するものです。より具体的には SoftLayer ベアメタル(物理占有型サーバ)環境をそのまま活用し、ユーザの要件に合わせて適切なサーバ・スペックを選定、OpenStack プラットフォームを自動構成した上でマネージドサービスとしてユーザに提供致します。ユーザの視点からは OpenStack の配備/構成・運用管理・サポートを自前のハードウェアを用意することなくサービスとして受け取ることができます。
ベアメタルを占有して利用していますので、他のサービスによるパフォーマンスの低下などの懸念もなく運用することが可能となります。 

「ClassCat® OpenStack-as-a-Service v1.0」の利用により、中堅・中小企業(SMB)の情報システム部門では専門的な知識がなくても OpenStack プライベートクラウドの大きなメリットを享受できます。スモールスタート(ベアメタル1台構成)も可能とし、業務システムの拡張など必要に応じてコンピュートノード用にベアメタルを追加して OpenStack IaaS 基盤を拡張していくこともできますので導入コスト・運用コストも必要最小限に抑えられます。 

本サービスは IBM SoftLayer のベアメタルサーバを利用していますので全世界のデータセンターで稼動可能です。 

  News Release 全文 … >>   【主なメディア掲載】 日刊工業新聞   キーマンズネット   Think IT (インプレス)

Last Updated on Monday, 01 September 2014 17:25
 
BYOD / Ericom - BYOD ソリューション EVP CLOUDIVA® Ericom モデル 新登場! Print

スモールスタート/SSO - シングルサインオン が可能な BYOD ソリューション 新モデル

  BYOD Solution :: CLOUDIVA® Ericom Model
BYOD ソリューション COUDIVA® Ericom モデル新登場!

   スモールスタート   BYOD   シングル サインオン   BYOD   オールインワン

IBM System x デスクトップ仮想化ソリューション CLOUDIVA® とは?

BYOD ソリューション CLOUDIVA®  は、クラウド運用管理基盤と、アプリケーション仮想化・デスクトップ仮想化環境基盤と、仮想化 サーバー(EVP)をパッケージ化した商品です。
デスクトップ仮想化による All-in-One クラウド型 BYOD ソリューションです。

CLOUDIVA® ならできる!

手軽にオフィスをシンクライアント化。外出先でもオフィスと同じ環境を簡単に実現できます。iPad などのスマートデバイスにも対応しますので、 PowerPointで作った提案資料も、Excelで作った見積書も、Webアプリケーションも、 iPad や Android 専用アプリケーションを開発することなく、専用クライアントアプリケーション(無償)からアクセスできます。

Ericom Model はスモールスタート可能な BYOD ソリューションです。シングル サインオンにも対応しています。
IBM System x ソリューション 仮想デスクトップ・クラウド ClassCat CLOUDIVA 折紙付構成

BYOD ソリューション PDF カタログ お問合せのご案内

 
スマートデバイス向け デバイス認証サービス 「IA-GATE(アイエーゲート)」の提供開始 - (株)クレオソリューション Print

共同 Press Release

スマートデバイス向け デバイス認証サービス
「IA-GATE(アイエーゲート)」の提供開始
- スマートデバイスによるテレワークを安全に実現 -

2014/08/05
株式会社クレオソリューション / 株式会社クラスキャット

株式会社クレオソリューション(本社:東京都港区芝5-13-18 代表取締役社長柿﨑淳一)は、企業の業務効率化とBCP対策の一環として「IA-GATE」を8月5日より販売開始いたします。併せて各種クラウドサービスのメニューを充実していく計画です。クレオソリューションではスマートデバイスの企業内運用において安全に安価に利用でき、併せて既存の業務システムの活用も可能とする運用サービスを順次クラウドで提供する事となりました。

第一弾:IA-GATE デバイス認証サービス
スマートデバイスからデバイス認証によりセキュアに社内システムやクラウドを利用できるサービスです。また、管理者が設定したアプリケーションのみを利用可能とし、更にシングルサインオンによりユーザリテラシを問わない運用が可能です。また内蔵セキュアブラウザによりデータをデバイスに残しません。

IA-GATEは、クラウド基盤としてIBMのクラウドサービスである SoftLayer を活用します。また、VDIサービスはERICOM PowerTerm WebConnect(株式会社アシスト 代表取締役社長 大塚辰男)そして、その仮想環境および運用管理を実現する ClassCat® Cloud Enterprise Edition(株式会社クラスキャット 代表取締役社長 佐々木規行)で構成しております。

News Release 全文 … >>>

Last Updated on Wednesday, 06 August 2014 16:27
 
OpenStack Icehouse 及び OpenNebula 4.6 拡張の SoftLayer ベアメタル対応プライベートクラウド新製品2種を提供開始 Print

Press Release

クラスキャット、OpenStack Icehouse 及び OpenNebula 4.6 拡張の
SoftLayer ベアメタル対応 プライベートクラウド新製品2種を提供開始

- SoftLayer ベアメタル1台から構成可能 / 独自 Web 管理ツール標準装備 -

2014/07/07

クラスキャット は、SoftLayer ベアメタル(物理占有型サーバ)をターゲットとする、プライベートクラウド・ソリューション『ClassCat® Cloud』シリーズの新製品2種「ClassCat® Cloud DC Edition v2.0」及び「ClassCat® Cloud Enterprise Edition v4.6」の提供を開始することを発表致しました。

  新製品2種は、企業の情報システム部門や中堅/中小企業(SMB)が容易にプライベートクラウドを導入・活用する事を可能とする、オールインワンなプライベートクラウド・ソリューション『ClassCat® Cloud』シリーズの最新製品です。プライベートクラウドの導入コストのハードルを大幅に下げて運用管理を容易にするために、SoftLayer クラウドの提供するベアメタル(物理占有型サーバ)上の利用に最適化して提供します。ベアメタル1台からでも構成可能となっています。

  IaaS クラウド基盤には、既に十分な実績がある OpenStack と OpenNebula を採用しています。いずれもフリーでオープンソースなクラウド・ソフトウェアスタックです。「ClassCat® Cloud DC Edition v2.0」は OpenStack 最新リリース Icehouse を採用し、「ClassCat® Cloud Enterprise Edition v4.6」は OpenNebula 最新ステーブル版 4.6 (開発コード Carina)を採用しています。
仮想化技術は Linux 標準装備の KVM ハイパーバイザを利用しています。

  本製品はクラスキャットが独自に開発した Web 管理ツール「ClassCat® Cloud Manager」を標準装備しています。OpenStack や OpenNebula が提供する機能を統一された操作性でブラウザから一元管理することが可能です。
また、動作検証済みの各種アプリケーションが「ClassCat® Cloud Ready プログラム」により仮想アプライアンスとして提供されます。

  News Release 全文 … >>>

【主なメディア掲載】 Think IT   日刊工業新聞   キーマンズネット

Last Updated on Tuesday, 26 August 2014 03:51
 
«StartPrev1234NextEnd»

Page 1 of 4
Copyright © 2013 ClassCat Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Joomla! is Free Software released under the GNU/GPL License.